タイトバリコン、いよいよ枯渇   

2017年 07月 24日

タマデンで知られたタイトバリコンが製造中止になって暫く経った。

500Vの各種タイトバリコンは、サトー電気の部品リストで激しい値上がりをした後で、「終了」となったことには気付いていた。

それでも、これまでは流通在庫が手に入ったのだが、いよいよ本格的に枯渇してきたようである。

先ずは門田無線のオンラインカタログでタイトバリコンが売り切れとなった。比較的最近、シオヤから通販でタイトバリコンをいくつか買ったのだったが、そのシオヤでも枯渇が始まっていた。

14Mc/21Mc AM送信機を組み立てようと考え、今日、シオヤに500V 100pFの在庫を聞いたところ、売り切れたとのことであった。仕方なく50pFを買ったのだが、枯渇は時間の問題のようである。

タイトバリコンが無くなると、真空管式送信機を組み立てることができなくなってしまう。非常に困った事態になってしまうのである。

シオヤのオヤジさんの話によると、タイトバリコンを作っても良いという業者は存在するらしい。但し、金型から起こすからなどという理由で、非常に高価な見積もりを出してきたので、躊躇しているとのことである。

なんでも、500Vのタイトバリコンで3K円程度、1000Vのタイトバリコンに至っては4K円程度の見積もりを出してきたとのことである。これは卸値になるわけだから、小売価格はさらに高くなるはずであり、これではさすがに遊びで組み立てる送信機に使うことは殆ど不可能である。

こういう事態になると、手に入るものを買い漁ってオクで売って儲けようとする腹黒い人間が必ず現れて、入手難に拍車がかかるのが近年の通例である。不埒なことである。

真空管式送信機の自作が、一大転期に差し掛かったかもしれない。変調トランスや電源トランスは西崎電機で今でも巻いてくれるし、HC6/Uタイプの水晶もアロー電子で特注に応じてくれることがわかったばかりなのだが。

タイトバリコンが適切な値段で安定供給されるようになることを願うばかりである。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-24 20:42 | 部品 | Comments(0)

IF 10.7 Mc AM受信機用IF基板-回路図   

2017年 07月 24日

ジャンパー線の配線も終了して、組み立てが終わったIF 10.7 Mc AM受信機用IF基板である。
f0205744_20172673.jpg

回路図はこれである。
f0205744_20182548.png

今回、初めてJ310とNPN TRを組み合わせる「Hycas」を起用してみた。J310×2と同等に働くようであれば、J310の節約にもなるので、今後はHycasをRFの増幅素子の定番とすることになろう。

なお、2SC603というのは、音響サービスに以前、1袋入りで譲渡して頂いたTRである。この番号に拘るっ必要はなく、汎用NPN TRであればどれでも使えるであろう。

基板を組み立て、回路図も描いたのだが実働試験はこれからである。実働試験を行うと必ずトラブルが発生するのはいつものことで、手直しを重ねて完成に至るのが通例である。手直し終了後は、この回路図にかなりの変更が加わることになる。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-24 20:23 | 受信機 | Comments(0)

miniR2 PSN DC受信機にW1FB改AGCを組み込む   

2017年 07月 23日

漸く正常に聞こえるようになったminiR2 PSN方式DC受信機である。

聞こえるようになった後、AF基板をμPC575C2からNFB付きSEPPアンプに換装して音質を改善した。また、RF段に当初2SK125パラGGアンプを起用していたが、ゲイン不足とAGCの追加を考慮してJ310×2を使ったRFアンプモジュールに換装した。更に、N6QW Si5351VFOの表示部に使っていた0.96" OLEDディスプレイが酷いノイズを発生していることがわかり、表示部を地味であるが気に入っているAQM1602に換装した。

以上の手直しで、miniR2は音質も改善され、感度も十分となり、実際の交信に使える状態に達したと感じた。

最後の課題はAGCシステムの導入である。

J310×2 RFアンプの回路図である。
f0205744_19574898.png

上側のJ310のゲートは、デュアルゲートMOS FETの第2ゲートのような役割を果たすので、擬似第2ゲートと呼んでいる。

この擬似第2ゲートにリバースAGC電圧を印加すれば、AGCシステムが導入できることになる。

このリバースAGC電圧は、W1FB改AGC駆動回路により得る。W1FB改AGC駆動回路の回路図である。
f0205744_202147.png

スーパーヘテロダイン方式の受信機では、IF信号の一部をエミッターフォロアーバッファーを介して取り出して、サンプリング信号とする。この回路はJ310X2との相性もよく、Simpleceiver用AGCシステムの定番となっている。

しかし、miniR2はスーパーではないのでIFをサンプリング信号に使うことが出来ない。そのため、AFをサンプリング信号に使えるようにW1FB改AGC駆動回路を更に改変した。その回路図である。
f0205744_207475.png

手直しをした箇所は主に初段のサンプリング信号増幅回路周りである。高周波増幅用の2SK241を一般用の2SK192に換装し、カップリングコンデンサーをAF用にケミコンに換装した。時定数回路と直流増幅回路、Sメーター回路は変更していない。

実際に組み立てた、W1FB改AFバージョンAGC駆動回路基板である。
f0205744_20111146.jpg

今日は、これをminiR2に取り付けた。LEDが光っている基板がJ310X2 RFアンプモジュール基板であり、その右隣がW1FB改AFバージョンAGC駆動回路基板である。
f0205744_20124335.jpg

Sメーターには、以前オクで入手したVUメーターを使用してみた。

まずは、AGC電圧をJ310×2の擬似第2ゲートに接続しない状態で、Sメーターの振れを指標にW1FB基板が正常に動作するかを確認してみた。その結果、発振したり異常動作したりする様子も無く、無事にSメーターが復調音に応じて振れることが確認できた。

そこで、次にAGC電圧を擬似第2ゲーとに接続するように配線し、AGCの実働試験を行った。各種半固定VRは、Sメーターの振れが最も良く、且つ、RFアンプのゲインが適切に制御されるように設定したが、その設定は完全に手探りの試行錯誤となった。

今日は運悪く、空中ノイズが多い日だったようであり、Sメーターがかなり振れたままになった。それでも、強力な信号の局を受信するとSメーターが強く振れると同時に、J310のソース回路に接続したLEDの輝度が下がると共にバックグラウンドのノイズレベルが低下することにより、RFアンプのゲインが下がっていることがわかる。

AGCで制御されるのがRFアンプ1段だけなので、RF段とIF 2段にわたりAGC制御されているSimpleceiverと同じような感覚は得られないのは当然にしても、一応、AGCが差動していることが感じられる状態に仕上がった。

この状態でminiR2により7Mcの信号を聴いている様子をYouTubeにアップした。

https://youtu.be/9YEFfFcdJRU

今日は7Mcのコンディションが非常に悪かったので、あまり強力な信号が聞こえなかったことに加えて、ノイズレベルが高かったのであるが、一応、Sメーターが振れている様子がわかる。

この状態でしばらく7Mcをワッチしてみて、調整を詰める必要がある。

ここまで組み立てが進んだminiR2受信機である。
f0205744_20264462.jpg

DC受信機本来のシンプルさは微塵もみられず、まな板上は各種のモジュールで埋め尽くされた。

これに対して、シングルスーパーである7Mc用Simpleceiverは、実用上十分満足すべき性能を発揮しながら、取り付けたモジュールの数は少なく、まな板上はスカスカである。
f0205744_20313756.jpg


ARRLのQRP Powerに掲載されていたR2の記事とminiR2の回路、Experimental Methods in RF Design (EMRFD)に掲載されていたR2 Proの記事を読んで以来、組み立ててみたいと考えていたminiR2が漸く完成間近かになった。
f0205744_2038972.jpg


調整を詰めながら、既に組み立てて交信にも成功した7Mc PSNタイプ3W SSB送信機と組み合わせた「PSN方式送受信機」で交信をすることが最終課題である。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-23 20:40 | miniR2 PSN DC RX | Comments(0)

28.636Mc AM交信のQSLカード   

2017年 07月 22日

3週間前の週末は強いEスポが出ていたようで、初めて28.636Mcで6局と交信できた。そのうちの5局はQSLの交換を了承もしくは申し出てくれた。

この点が、28.636Mc AMで交信できた局と、過去に28.305Mcで交信した局との大きな違いであり、28.636Mcでの交信が「通常のアマチュア無線」の交信の範疇に包含されることを如実に示している。

先々週の7月8日にも28.636Mc AMで出したCQに2局が応答してくださり、交信が成立した。

この2局のうち1局は手持ちのJARL会員名簿に住所と氏名が掲載されており、もう1局はQSL.comから交信時にコピーできたQTHに該当する住所を知ることが出来たので、SASEを送ってみた。

2局とも、早速QSLを返送してくれた。ありがたいことである。SASEで返送されてきた2枚のQSLである。
f0205744_20145231.jpg

1局は50W出力に17mHの4エレヤギを使われており、こちらの、2階のもの干し場に立てたポールから張ったDP+Simpleceiverという貧弱な設備でも十分な信号強度で受信可能であった。

一方の局は信号が弱く、コールサインの確認にも苦労したのだったが、QSLで設備を確認するとFT101ES改の10Wに4エレヤギということであった。

28.305Mc AMに出ていた頃は、CQを出すと応答はあるものの信号が妙に歪っぽく了解度が低くて苦しんだことに加えて、QSLを交換する習慣を全くもっていないオペレーターが大半であり、貴重なモード・周波数である28Mc AMでのAJD完成は絶望的と思えたものである。

これに対して、28.636Mc AMで応答して下さった局は、他のバンド・モードでの交信と全く変わらずにQSLの交換が約束してくれることを体験した。28Mc AMでのAJDが現実味を帯びてくる。

このように、28.636Mc AMでは通常のアマチュア無線の交信が楽しめることが明らかになった。SSBでは経験できない短周期のQSBを伴ったり、28.636Mc AMでの交信は非常にスリリングである。Eスポの出現頻度も6mより高く、楽しめるチャンスが大きいことも28.636Mcの大きなメリットである。

7.195Mc、7.181Mcと3.757Mcが既にAM専用周波数として市民権を得ているのだが、CQ誌のAM関連記事で著名なJR1KQU加藤OMの「HF AM通信へのお誘い」HPで、最近、21.154Mcと18.150McでもAM交信が行われていることが紹介されている。

http://jp7cze.cocolog-nifty.com/jr1kqu/

これらの周波数では、28.636Mcよりもは国内交信のチャンスが大きいと思われる。

札幌ラジオ少年には 7.050MHz の HC49/U が手頃な値段で売られているので、これを3逓倍する送信機を自作することにより、21.150McにQRV可能である。

また、14.318 McもAM周波数として有望と思われる。サトー電気には7.15909McのHC49/Uが手頃な値段で売られており、これを2逓倍する構成の送信機を自作すれば、14.318Mc AMにQRV可能となる。

あるいは、5763シングルでキャリアー10W弱程度の送信機であれば、安く売られている14.318Mcそのもののクリスタルを使用して2ステージの送信機も構成可能と思われる。

28メガでEスポ交信が楽しめる最盛期は、4月後半から9月初旬までの4ヶ月強程度であろう。これに対して、21Mc、18Mc、14Mcと周波数が低くなるほどEスポによる国内通信が楽しめる頻度は高くなり、楽しめる期間も長くなる。

今後は28.636Mc、21.154Mc、18.150Mcなどをアマチュア無線のAM用周波数としてアクティビティーを高めていくことに加えて、14.318McでもAMによるQRVを試み、より多くの周波数でAMの人口を増加させる取り組みを続けていくと、AM通信をより楽しめるようになると思われる。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-22 20:46 | 28Mc AM | Comments(0)

IF 10.7 Mc AM受信機用IF基板-エッチングと組み立て   

2017年 07月 22日

昨日の夜に感光マスクを描きあげた、AM用入力10.7McダブルコンバージョンIF基板である。

今日はシャックに来てから早速エッチングに取り掛かった。
f0205744_18265527.jpg

エッチングと穴開け、フラックス塗りが終わった基板である。

部品の取り付けを行い、初段の10.7Mc増幅段周りが出来上がったところである。
f0205744_18504395.jpg

増幅素子には、J310とNPNバイポーラーTRを組み合わせた「Hycas」をはじめて採用した。J310のソース回路に赤色LEDを入れ、ソース電位を持ち上げる回路になっている。AGCの制御範囲を拡大するための措置である。

夕方近くまでかかって、部品を全て取り付けた。
f0205744_18331777.jpg

回路規模はかなり大きい。Hycasによる10.7Mc IF 2段増幅回路、DBM、10.245Mc水晶発振回路、ムラタ6Kc帯域455Kcセラミックフィルター、Hycasによる455Kc IF 1段増幅回路、AM検波回路、4580Lによる低周波増幅回路、W1FB改AGC駆動回路(NPN TRによるIFバッファー、2SK192によるIFサンプリング信号増幅回路、倍電圧整流回路と時定数回路、2SK192と4580Lによる直流反転増幅回路、Sメーター回路)が1枚の基板に全て組み込まれている。

ジャンパー線を配線すると基板は完成する。これは明日の課題となる。

お世話になっているJA2NKD OMにエアーバンドを受信している動画を送っていただいたことに触発され、ムラタセラミックフィルターを使ったAM受信機を組み立ててみたいという思いつきが相俟って組み立て始めたIF基板である。

この基板では、10.7McのIFと10.245Mcの水晶発振局発を混合して455Kcの第2IFを得ている。これは、FM受信機に広くみられる構成であり、それをそのまま踏襲することにより、ムラタ製455Kcセラミックフィルターを使うことができるようになった。第1IFを455Kcとすることは、イメージ比の点から好ましくない。

このAM受信機用IF基板は、エアーバンド受信機だけではなく、2Mc近辺の漁業無線のBCL用受信機にも応用できると思われる。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-22 18:49 | 受信機 | Comments(0)

IF 10.7 Mc AM受信機用IF基板-感光マスク   

2017年 07月 20日

7月7日にIF 10.7 Mc AM受信機用IF基板の基板パターンを方眼紙に描いた。

http://fujichrome.exblog.jp/27955389/

構成は、IF10.7Mc-Hycas 2段増幅-DBM+10.245Mc局発-455Kcセラフィル(6Kc)-Hycas 1段増幅-1N60-4580(AF)-AF出力である。また、W1FB改AGC駆動回路も搭載した。スペースが足りないので、ここでもμA741の代わりにSIL 4580を使うことにした。

今日はやっと感光マスク描きに着手した。
f0205744_2236519.jpg

ホット部分とアースの縁取りを描き終わったところである。アースを塗りつぶして感光マスクは完成する。

<2017年7月21日追記>
アース部分を塗りつぶして感光マスクは完成した。
f0205744_20131243.jpg

週末にエッチングできるだろうか。今年2月に基板パターンを描き始めて組み立てたminiR2以来の本格的な製作物である。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-20 22:37 | 受信機 | Comments(0)

サトー電気の28.636Mc HC49/Uクリスタル   

2017年 07月 09日

先週と今週にかけて、28.636Mc AMで予想外に交信を楽しめることがわかったところである。

強力なEスポが出たら、6CB6-5763 QRP AM送信機でも交信が楽しめる可能性が高い。

サトー電気の水晶リストを調べると、そのものズバリ28.636Mc HC49/Uがあったので注文した。これが基本波であれば6CB6-5763送信機には使えないが、3rdオーバートーンであれば使えるわけである。

昨日、シャックに届いていたこの28.636Mc HC49/Uをディップメーターで発振させて調べてみた。

果たして、基本波の発振周波数が9.5Mc台の3rdオーバートーン28.636Mcクリスタルであることがわかった。

6CB6-5763送信機はHC6/U用ソケットを取り付けてある。この28.636 Mc HC49/UをジャンクHC6/Uの中に取り付けることにした。
f0205744_12233874.jpg

左は、中の水晶が割れて壊れてしまった453.5KcのHC6/Uである。
このHC6/Uのハンダを吸い取り線で出来るだけ除去した後で、ガスコンロの炎でゆっくりとあぶったところ、HC6/Uのケースとベースが無事に分離した。
f0205744_122625.jpg

内部にHC49/Uをハンダ付けしてケースをはめて再たびハンダ付けした。
f0205744_12272048.jpg


6CB6-5763 QRP AM送信機である。
f0205744_122823.jpg

f0205744_12282786.jpg

この送信機用の28.855Mc HC6/Uをアロー電子に注文し、間もなく届く予定なのだが、今日HC6/Uに取り付けた28.636Mcの方が活躍するであろう。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-09 12:30 | 28Mc AM | Comments(0)

28.636 Mc AMでの交信2 - 27Mc BCL用Simpleceiverの改造   

2017年 07月 08日

27Mc 漁業無線BCL用に改造したSimpleceiverである。が、期待した漁業無線は全く聞こえず、合法CBのEスポも一度聞こえただけでサッパリ聞こえない。常に聞こえるのは汚い口調で話す27.005Mcの違法CBトラックおじさん無線だけという状況に飽きてしまい、27Mcには見切りを付けることにした。

今日は朝からSimpleceiverのVFOを取替えて各同調回路を再調整し、28Mc AM用に改造した。
f0205744_15571620.jpg

10:00頃、改造したSimpleceiverを受信機に使い28.636Mc AMでCQを連呼すると、3エリアのOMからコールされて交信が成立した。

今日は、信号が短周期のQSBを伴っていた。SSBでは経験しない聴こえ方である。信号はピークでS9まで至るがQSBにより信号強度が常に変動する。SSBと比較すると了解度は非常に悪い。

3エリアの局は市販のリグを使用し、キャリアー出力50W、アンテナは17mHの3エレとのことであった。FBな設備である。AMの音質も素晴らしくよかった。市販リグのAMというと、かつてのA3Hを連想してイメージが良くないのだが、現在ではそれが完全に過去のことになり、市販リグでもFBなAMが送信可能となったことが痛感される。

交信を終えてCQを出すと、JA5のOMがコールしているのが聞こえた。この局は信号が弱く、受信に非常に苦労した。

先週は強力な近距離Eスポが出てJA1、2、3エリアの6局と28.636Mc AMで交信できた。今日の午前中のEスポはそれ程強くなかったが、JA5と初めて交信できた。

去年、状態が悪化した28.305Mcに嫌気がさして28.855McにQSYしたのだったが、28.855McではいくらCQを連呼しても応答がなかった。これに対して、28.636McではAMerではない普通のアマチュアが珍しがって、あるいは懐かしがって応答してくれて、多くの交信相手がみつかることがわかった。全く予想外であった。

交信に使用している送信機である。
f0205744_16102989.jpg

6AU6 VXO-6CL6 2逓倍-6146シングルである。クリスタルにはサトー電気から以前買った14.318McのHC49/USを使った。キャリアーは30W、アンテナは8mH DPである。

変調器は6J7-6SN7-6L6G PPであり、6146にプレートスクリーングリッド同時変調を掛けている。

1950年代末の回路と構成のAM送信機で、現代もAM交信を楽しむことができる。

-・・・-

28Mc AM用Simpleceiverが受信機として十分に実用になることがわかった。そこで、プロダクト検波モジュールとキャリアー発振モジュールを組み込んで、AMとSSBを聴くことができる受信機に改造することにした。但し、フィルターはAM用6Kc帯域の4素子ラダーのみとし、SSBは復調が可能な程度の実用性に留めることにした。

AM検波モジュールとプロダクト検波モジュールの入出力の切り替えには、シンプルにリレーを使うことにした。以前描いたリレーモジュール用の感光マスクを探し出して、基板をエッチングした。
f0205744_16184159.jpg

組み立てたリレーモジュールである。
f0205744_1620454.jpg

Simpleceiverのまな板シャーシー上には十分なスペースがあるので、リレーモジュール、プロダクト検波モジュール、キャリアー発振モジュールを余裕で取り付けることができた。
f0205744_16224570.jpg

通電してみると、AMとSSBが無事に受信できた。たまたま弱いSSBの信号が入感しており、キャリアーポジションも調整できた。弱い信号であったが、SSBの場合は話の内容が十分了解できる。

フォーンモードとしては、SSBがAMより遥かに優れていることが実感される。

とはいえ、28.636Mc AMによるEスポ交信は非常にスリリングである。今日は相手局の信号が短周期のQSBを伴っていた。これは、SSBでは経験することがない聴こえ方である。

28.636Mcでは応答してくれるのが普通のアマチュア局であり、QSLの交換も問題なく行うことができることもFBである。

自作機での交信においては、交信した事実を証明するQSLカードの価値は非常に高く感じる。アマチュア無線が始まった1920年代からQSLは交換されていた。28.636Mc AMの交信は、他のバンド・モードと同様な、ごく普通のアマチュア無線の交信であることが非常にありがたい。

28.636Mcが10mにおけるアマチュア無線のAM周波数として一般化するように、今シーズンはできるだけアクティブにCQを出して運用を続けたいところである。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-08 16:09 | 28Mc AM | Comments(0)

IF 10.7 Mc AM受信機用IF基板   

2017年 07月 07日

エアーバンド受信機用に、IF10.7Mc-Hycas 2段増幅-DBM+10.245Mc局発-455Kcセラフィル(6Kc)-Hycas 1段増幅-1N60-μA741(AF)-LM386(NFB)というIF基板を考えたところであった。

http://fujichrome.exblog.jp/27926714/

ブロックダイアグラムで示すとこのような構成になる。
f0205744_2043391.jpg

FT50-61に巻くトランスで段間のインピーダンスマッチングを行う設計は、Simpleceiverを踏襲したものである。10Kボビンの2次側など、インピーダンスが不明確な箇所には2dbのパッドを接続してインピーダンスを50Ωに規定した上で、次段のインピーダンスと整合するようにトランスの巻き線比を決定する。

このインピーダンスマッチングの効果は絶大で、Simpleceiverでは高一中二のシンプルな構成ながら、7Mcでも14Mc、27Mc帯BCL用でも-20dbμVのキャリアーが余裕で聞こえるほどの高感度が実現し、且つ、増幅段数が最低限のためにノイズが少ないという、実にFBな聴感に仕上がった。

このIF10.7Mc AM受信機用IF基板でも同じ手法を踏襲することにして、今週は平日の夜に方眼紙に基板パターンを描いていたところ、今日、やっと基板パターンが描き上がった。
f0205744_21311483.jpg

4月に転勤した後は落ち着かず、基板の組み立てなどができる程落ち着くまで相当時間が掛かった。基板の設計も簡単なものしか出来なかったが、やっと本格的な基板の設計もできるようになった。

基板に描いてみるとかなり規模の大きな回路である。W1FB改AGC駆動回路と10.245Mc水晶発振局発回路、低周波増幅回路も組み込んだ。オペアンプには場所を取るμA741を使うことが出来ず、SILの4580を使うことにした。また、スペースが無くなってしまい、LM386を基板に乗せることができなかった。

次は、トレーシングペーパーを重ねて感光マスクを描く作業である。
[PR]

# by FujichromeR100 | 2017-07-07 21:24 | 受信機 | Comments(0)